ごみ。

引っ越して10日。

近くのスーパーの売り場も

だいたい把握出来たし、

通勤の乗り換えも慣れてきました。

でも、1番慣れないのは

ゴミの出し方です。

燃えるゴミ、燃えないゴミ、
ビン、カン、牛乳パック、
トレイやプラマークのついた袋類、
古紙、まだ着れそうな衣類、電池、
などなど細かく分類して

出さなくてはなりません。

しかも、それぞれに、

汚れは拭き取るとか、ひどく汚れているものや、

油がついているものはだめとか、雨の日は出せないとか、

色々と条件があるのです。

土日以外、毎日何かしらのゴミ出し日。

ゴミ袋ももちろん有料です。

あぁ、なんて面倒なんだろうと

正直思いました(; ̄ェ ̄)

でも、ゴミを捨てるときに

ひとつひとつ、

「えーと、これは何ゴミだっけ…」と確認しながら分類すると

意外と有料ゴミ袋に分類されるものは

少ないのです。

再利用できるものって

こんなにあったのか~と実感。

ゴミ袋いっぱいになるまで

時間かかるくらいです。


でも一言でリサイクルといっても、

ビンや缶、ペットボトルなとは

原料から作るよりコストがかかるといいます。

手間はもちろん、お金をかけてまでリサイクルする行政はなかなかありません。


そのぶん住民のモラルが問われますし、処理する時の負担もあります。


でも、お金や時間はかえられても

地球はひとつ。

原子力発電もそうですが、

コストや便利さを優先して、

得たものも、地球がなかったら

何にもなりません。

こういったゴミ事情も
住宅が多い地域だからこそできる事なのかもしれませんが、

そろそろ都会のあり方も

変わってくる時なのかもしれません。

便利さよりも少しの手間を。

お金よりも安心で、過程の見えるものを。

スピードよりも質の良いものを。

他と競う事よりも、

自分の事を理解する事で

人の気持ちもわかるような社会に。

使い終わったサランラップを丸めて、

ゴミの分別表を見ながら

そんなことをぼんやりと思いました。

これも使い捨てじゃなく、

長く使える代替できるものがあるなぁ…と

色んなことを見つめ直してみるきっかけになりました。



今だ部屋はぐちゃぐちゃなのだけれど…ayumi
プロフィール

salonmarylou

Author:salonmarylou
ADRESS
〒150-0034
東京都渋谷区代官山19-11 
アンジュレ代官山301

TEL 03-3463-3780

Mary lou HP

FLOWDIA
flowdia.jpg

MarylouはFLOWDIAの取扱サロンです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク